勤怠管理でトラブルを回避しましょう

勤怠管理をする事によって会社にはどのような利益がもたらされるのでしょうか。まず、考えられるのは社員の勤務状況を適正化する事が出来るという部分ですよね。社員と言うのは働くだけのマシンではありませんよね。マシンならばこのような管理をする必要はありませんよね。ボタンを押して、それから、放っておけば勝手に物が出来るのならばこれほど楽な物は無いと思うのです。だけれども、人間はマシンではありません。酷使をすればそれだけ、体力的にも精神的にも弱ってしまうのは間違いありませんよね。それはとても問題だと思います。そして、労使トラブルにまで、発展してしまう可能性が出て来るのではないでしょうか。これはとても大きな問題だと思います。そのような状況を回避する為にはやはり、勤怠管理をきちんとして、コントロールしていくのが重要でしょう。

進化する勤怠管理に必要なタイムレコーダー

オフィスや店舗など、人が働いている場所に必ずあると言っていいのがタイムレコーダーです。タイムレコーダーは、従業員の勤怠管理をするときにはとても重要な役割を果たします。もしタイムレコーダーがなければ、従業員の勤務状況を管理するのは、とても難しくなってしまうでしょう。一昔前までのタイムレコーダーは、大型のものが多くて存在感がありましたが、最近では小型化されているものが多く発売されています。小型化されるだけではなく、壁に掛けることができるタイムレコーダーも発売されていて、このタイプなら置き場所に困ることもないでしょう。また、最近では専用の機械ではなく、オフィスや店舗にあるパソコンを使って、勤怠管理ができるタイムレコーダーも発売されています。勤怠管理に必要になるタイムレコーダーは、日々進化しています。

勤怠管理のタイムカードのために急いだ日

学生時代に、住んでいる駅から一つ隣の駅にある、ファーストフード店でアルバイトをしていました。大学が終わって夕方から出勤したり、週末に長時間働いたり、結構シフトに多く入れてもらっていました。ある週末、地元の駅で電車に乗り遅れてしまい、このままでは遅刻だと思って焦りました。勤怠管理のタイムカードでは、少しでも遅れると十五分無給になってしまうのです。しかしラッキーなことに、その日は制服を洗うために持って帰っていた日で、制服を持っていたので、駅のお手洗いで着替えられる範囲まで着替えてしまいました。寒い季節だったのでコートで覆ってしまえば、制服を着ていると周りには分かりません。お店に行ってから着替えると、ロスタイムになると思って、次の電車を待つ間に着替えたのです。そして、バイト先の駅に着くと、とにかくお店まで走りまくり、何とかギリギリ間に合いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*