会社における勤怠管理のお勧め方法

社会において勤怠管理というものは大変重要でありなおかつ基本的な部分である。勤怠管理を怠れば、仕事の効率はおろか後で揉め事になる恐れもあるからである。具体的には「誰が、いつ、何時から何時まで働いたのか」という部分を公平に誰の目にも見えるように管理を行わないといけないのです。その方法は人により千差万別であるが、よくあるのはタイムカードを使用する方法である。これが一番確実であり、記録として目に見える形で残るため誰もが把握しやすいのが特徴である。特に大手企業になればなるほど働く人の数も多くなり、その把握しなければならない数もまた多くなり、人の力だけではどうにもならない部分もでてくるからである。タイムカードを使用することによりその人がいつ、何時から何時まで働いたということをいつでも把握でき、全員が公平に勤怠管理を行えるため、まだ取り入れていない会社があるならばぜひ私はタイムカード制度をお勧めしたいものです。

勤怠管理は「時間」との戦い。

「勤怠管理」は「時間」との戦いです。勤怠とは、要は働いている状況とそうでない状況を合わせて勤怠と言います。そうでない状況とは、休憩中であったり、公休であったりと仕事場において何らかの作業が発生していない時間の事です。それを管理するのですから、その仕事場を任せられているのと同義ですね。もちろん仕事をしているのは人間ですから、適度な休息、食事時間、最低と最高の仕事量を的確に掴んであげる事など、管理する人間にはそれらの判断能力が必要になってきます。ただ仕事を進めたいからと言って、労働時間を使い続ける訳にはいかず、人件費を削るという判断力も必須です。例えば、アルバイトの従業員がいる職場では、時給で給料が発生するので、そういった事も必要なのです。だからと言って、人件費を削ってばかりでは、稼げないという理由で従業員は去っていってしまうでしょう。人の上に立つのは難しい事です。

社員やアルバイトの勤怠管理。

事務の仕事を経験された事がある方は、知っていたり見た事があるのではないでしょうか。勤怠管理は、会社にとっても個人にとっても、とても重要な書類です。1ヶ月で、どのくらい働いたのかという事を管理してある物です。その資料を元に、人件費などが出され、次の月に調整などしていきます。社員は、残業し過ぎていないか、アルバイトは、定められた時間を守っているかなどを、きちんとチェックします。その会社によって〆日が違いますので、気になった方は事務の方や上司に聞いてみて下さい。私も経験がありますが、間違いも発生する事がありますので、給料明細は必ず確認する事をお勧めします。何十人、何百人という社員を抱えていると少し大変かもしれません。皆さんの勤怠管理を任せられる方が行っていると思うので、事務の方はその会社にとって、とても重要な役割なのです。やりがいのある仕事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*